うつ病の初期症状判断-自分でチェック

うつ病の患者数は近年、増加しており、およそ73万人にのぼると報告されています。別の調査では、16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されています。ですから、うつ病はだれにとっても身近な病気であるといえます。

うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられています。気力で解決できるものではありません。いやなことや悲しいことがあると、気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。しかし、うつ病は、日常で感じる一時的な気分の落ち込みなどではありません。

どんな病気も早期発見が大切。以下に挙げるストレスのチェックポイントをこまめに実施しましょう!

・気分が常に沈んでいる

・以前は楽しいと感じたこと(気分転換になったこと)を楽しいを感じられない

・将来がひどく不安。明るい展望が一切ないと思えてしまう。

・自分は何をやってもダメな人間だと思えてしまう。あるいは人よりはるかに失敗が多いと感じる

・日々の生活に対して、満足感や達成感を感じたことが無い。

・自分はダメな人間で、周りの人に迷惑ばかりかけてしまうと感じてしまう

・死にたい、とふと思う事がある

・気が付くと理由もなく涙が出てしまう

・イライラすることが多い

・耐え難い頭痛・吐き気・めまいを我慢しながら職場へ行くが遅刻が増えた

・ 些細なことで落ち込むことも多く、その状態から抜け出せない

・ 毎朝、鉛のように身体が重く、疲労も残っている

・ 仕事に行きたくなく、憂うつだ

・ 精神の落ち込みがかなりひどく、日常生活すらままならない

・ 思考力・判断力・集中力がなく、何をするにも億劫

・頭、首、肩、背中などが慢性的に痛む

・喉の奥に物がつかえた感じがする

・朝、目が覚めても起き上がるのがつらい

・息が苦しくなることがある

・ふと体が揺れているように感じることがある

・舌が渇く、ぴりぴりする

・以前は気にならなかったちょっとした騒音が気になる

・音楽やテレビが楽しめない

・夜、なかなか眠れない。あるいは夜中に何度も目が覚める

・食欲がない。短期間で急に体重が減った

上記のチェック項目に当てはまる数が多いほどストレスが溜まっていて、初期のうつ病の疑いがあります。

うつ病の治療では、こころの症状だけでなく、からだの症状も治療することが重要です。まずは自分の症状を把握して、診察の際に医師に伝えましょう。

うつ病の初期症状判断-自分でチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です