パキシルについてことの基本情報

パキシルはパロキセチンといいました。パキシルはうつ病・パニック障害・強迫性障害など効果があります。パキシルは市販で人気がある商品です。これから、パキシルや市販販売情報についてことを紹介しましょう。

パキシルの歴史についてこと

パキシルは2000年で生産される抗うつ剤です。まだは、「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と言いました。パキシルは脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴で、パキシルは、そのセロトニンを増加させる働きをします。セロトニンの増加は気分を楽にすると言われます。ですからパキシルは、テンションを上げると言うよりは、不安などで落ち着きを失った心を穏やかにする といった方面に効くという声が良く聞かれます。
「余計な部分には働かない」という特性により、パキシルは今までに多かった抗うつ剤の副作用(口が渇くことや便秘など)が軽減されているという宣伝文句で売られていますが、他のSSRIに比べれば、副作用は多めです。

そして、パキシルは三環系抗うつ剤などの古いタイプの抗うつ剤の最大の弱点であった「致死量の絶対値が低い」という問題点をある程度はクリアしています。しかしながら、薬というものは化学物質ですので、大量に人体にそれが取り入れられれば、よからぬ事態に発展することは言うまでもありません。

また、パキシルは適応症として「パニック障害」が認められた国内初の薬でもあります。ソラナックスと共にパニック障害の治療の幅がパキシルの登場で広がりました。また、2012年になって、パキシルの副作用の軽減を狙った徐放剤(体に吸収されるスピードを緩やかにするように手を加えられている)であるパキシルCRが発売されました。

パキシルの副作用についてこと

パキシルの副作用は軽度の吐き気・不眠・味覚障害・口渇・頭痛・ホテリどが報告されています。でも、副作用は自分の体質によってそれぞれがあります。だから、服用するときは注意してください。
パキシルの効果についてこと

パキシルはうつ病・パニック障害・強迫性障害に対して効果があります。そして、摂食障害・過食嘔吐・月経前不快気分障害なども作用があります。

市販で通販・販売の商品情報についてこと

最近、市販で流行している商品はパキシル・ジェネリックです。パキシルジェネリックは、インタスファーマ社が開発したSSRI系の抗うつ剤です。SSRIは、気分を改善する神経伝達物質セロトニンを摂取することでうつ病の症状が緩和します。 ジェネリック医薬品のため新薬より安く購入でき、効果も期待できる商品です。

パキシルジェネリックは、日本でも認可がおりているジェネリック医薬品です。パキシルジェネリックの主成分パロキセチン配合で、マイナス気分を緩和させ、無気力から意欲に変える医薬品です。パキシルジェネリックはうつ病だけじゃなく月経前の不安感や苛々、摂食障害(拒食症・過食症)にも効果があります。精神面から身体的な部分まで幅広く効果が期待できるうえに、副作用が少なく安心して服用できます。不安やストレスからくる気分が優れない・悲観的・落ち着かない・不眠などにお悩みの方は、是非お試し下さい。

パキシル・ジェネリックの口コミについてこと

•  口コミ1

境界性人格障害だと診断され、医師処方でパキシルを飲んでいましたが、医師との折り合いが悪くなって行きたくなくなってしまったので購入させて頂きました。他に飲んでる薬より副作用が少ないので気に入っています。
•  口コミ2

値段も安く、効果もしっかりあって副作用も少ないのでパキシル・ジェネリックを買ってよかったです。

•  口コミ3

効果がしっかりあって、それでいて副作用も少ないので、安心して服用することができています。 そろそろなくなるので、再度購入したいと思います。

パキシルと性機能障害についてこと

パキシルの副作用で一番多いのは性機能障害です。パキシル服用者の全体の83%に性機能障害が起きていると言われています。しかも、パキシルを服用して性機能障害になった場合、薬を服用している間はこの症状が収まることはありません。性機能障害は、パキシ ルの服用における最大の問題点と言えます。

上記はさまざまなことを説明しました。興味がある方は、パキシルについてことを了解したら、購入するほうがいいとおもいます。もし、分からない場合は、医者にご相談してください。

from:http://pingheng.org/

パキシルについてことの基本情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です