パキシルの効き目

うつ病に効くと言われている薬は三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRIやSNRI、NaSSAや抗不安薬、抗精神病薬などがあります。SSRIにはゾロフトやパキシルなどがあります。セロトニンが脳内で再取り込みされる事を防ぎ、セロトニンの濃度を高めることで、神経伝達を良くし、うつ病の症状を改善してくれます。

パキシルは、SSRIと呼ばれる抗うつ剤でわが国では2000年より発売されています。初期に発売されたSSRIであり、現時点では日本で一番知られている抗うつ剤でしょう。パキシルが処方されやすいのは、適用症が広いからですうつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害などに使いやすく、かつ重篤な副作用が少ないからです。効果が強いことがウリであるパキシルですが、その代り副作用もやや強めな事が多く、内服する際は注意が必要でもあります。主成分パロキセチン配合で、マイナス気分を緩和させ、無気力から意欲に変える医薬品です。①ノルアドレナリンへの作用②血中濃度の急激な上がり方③高用量まで使えるといった点で、パキシルはしっかりとした効果が期待できます。

また、パキシルは血中濃度の上がり方に特徴があります。ほとんどの薬は、薬の量を増やすと血中濃度も同じ割合で増えていきます。パキシルでは、服用する量よりも多い割合で薬の量が増えていきます。一直線に血中濃度が増えていかないので、非線形といったりします。

神経伝達物質にはセロトニンの他にドーパミンやアドレナリン、メラトニンなどたくさんの種類がありますが、その中でセロトニンだけに作用するということで、副作用が少ないからです。しかしながら、軽微な副作用は報告されているので、服用には注意が必要です。多く報告されている症状としては、吐き気や眠気、めまい、食欲不振などがあります。

パキシルの効き目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です