抗うつ薬の種類

抗うつ薬の役割は、脳内環境の調整です。うつ病は、親しい人との死別など、辛く悲しい出来事がきっかけで発症することも少なくありませんが、ただの 〝こころの強さ・弱さ“の問題ではありません。病的な気持ちの落ち込みの直接的原因は、バランスを崩してしまった脳内環境にあります。脳内環境を元の状態 に戻すために使用されるのが抗うつ薬です。

「こころ」という実態のないものに働きかける不思議な薬ではなく、脳内環境を整えるために「脳内の神経伝達系」に働きかける薬だということを正しく知れば、抗うつ薬の必要性が理解できると思います。

抗うつ薬には、飲みはじめてすぐには効果があらわれず、しばらく続けていると徐々に症状が改善されてくるという特徴があります。一方、吐き気などの副作用 があらわれることもありますが、このような副作用は、一般に飲みはじめからあらわれて、やがておさまってきます。つまり、飲みはじめは、からだをくすりに 慣らす期間ともいえます。

抗うつ薬は、うつ病の原因と考えられている脳内の神経伝達系(セロトニン、ノルアドレナリン系)に作用します。その化学構造、作用機序によって、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAと呼ばれる5つのグループに分類されます。これから抗うつ薬の種類を詳しく紹介いたします。

NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)

[リフレックス・レメロン]
睡眠障害・食欲低下によく効きます。薬の効果が比較的早く現れます。

眠気・体重増加の副作用があります。薬価(薬の値段)が高いです。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

SNRIは脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンを調整する薬です。

[サインバルタ]
意欲の改善に優れています。痛み止めの効果が高いです。カプセルの薬のため、細かい用量調節が難しいです。

[トレドミン]
副作用がやや少ない薬です。効果がゆるやかです。

SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)

SSRIは脳内で分泌されるセロトニンを調整する薬です。

[ジェイゾロフト]
体重増加が少ないです。効果がゆるやかです。

[レクサプロ]
副作用が少ない薬です。カプセルの薬のため、細かい用量調節が難しいです。

[パキシル]
幅広い症状に対応した薬です。薬をやめる際に離脱症状が出やすいです。

[ルボックス・デプロメール]
副作用が少ない薬です。効果がゆるやかです。

三環系抗うつ薬、その他の抗うつ薬

脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害し、増加させる効果のある薬です。

[アナフラニール・トリプタノール・トフラニール・ノリトレン]
薬の効果が強いです。薬価が安いです。副作用が多く見られます。

[アモキサン・ドグマチール]
食欲が出やすくなります。吐き気の副作用が少ないです。体重増加しやすいです。生理不順が起こりやすいです。

四環系抗うつ薬

脳内で分泌されるノルアドレナリンを増加させる薬です。

[テトラミド・レスリン・デジレル]
睡眠障害の治療に有効性が高いです。睡眠障害以外の症状への有効性が低いです。

抗うつ薬の種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です